1949年04月

(S.24)

冨田近三(先々代社長)が、小野市大島町1330番地において、

各種鉄工具及び農機具等の製造並びに修理、プレス用金型の製作を主として

創業する。

1962年01月

(S.37)

冨田鉄工株式会社設立(資本金300万円)

1968年05月

(S.43)

工場を現在地に移設し合理化の一端を図る。

1971年12月

(S.46)

資本金3000万円に増資。金型工場を別棟に建設する。

1976年12月

(S.51)

資本金4800万円に増資。安全プレスを増設し安全対策を図る。

1978年01月

(S.53)

松下電器産業株式会社モートル事業部と取引開始。
松下電器産業株式会社スピーカー事業部と取引開始。

1978年12月

(S.53)

資本金7800万円に増資。
Wクランクプレス導入し自動化を図る。

1981年12月

(S.56)

資本金9800万円に増資。
金型工場にマシンニングセンター、ワイヤーカットを導入し金型製作の自動化を図る。

1987年02月

(S.62)

CAD/CAMシステムを導入し金型設計及び加工の効率化を図る。

1990年03月

(H.02)

若狭松下電器株式会社と取引開始

1991年12月

(H.03)

NC LINKS 導入し金型設計と製作の一体化を図る。

1992年05月

(H.04)

新金型工場、設計案、会議室、事務所、食堂も同時新設して環境近代化を図る。

1992年11月

(H.04)

三次元CAD導入

1992年12月

(H.04)

松下電器株式会社自販機事業部と取引開始

1994年05月

(H.06)

松下冷機株式会社空調事業部と取引開始

1998年04月

(H.10)

松下電器株式会社ビデオシステム事業部と取引開始

1999年04月

(H.11)

(創業50周年)

2000年06月

(H.12)

トミタテクノス株式会社に社名変更

2001年05月

(H.13)

ISO14001、認証取得

2003年11月

(H.15)

ISO9001:2000、認証取得

▲トップページに戻る

Tomita Technos  Corp. (C)2002- All rights reserved.